越乃寒梅  -別撰- -白ラベル-

新潟の幻の銘酒。

<白ラベル>
目指すところは、「晩酌のお酒だからこそ『料理に寄り添い』『飽きずに楽しく飲め』『次の日に残らない』お酒」であること。
普通酒と言えども、米を磨き吟醸造りの技術を基本に、低温で長期間じっくりと発酵させて丁寧に仕込んでおり、最も身近で飲み応えのあるお酒です。力強く抜群のキレ味から、常連のファンからは「尻ピンのお酒」とも呼ばれています。

<別撰>
香り・味ともに軽やかな特徴を持つ酵母と、酒造好適米のみで醸される、軽快でスッキリした味が特徴です。「淡麗辛口」と呼ぶにふさわしく、常温や冷やで飲むと爽やか、ぬる燗では味の幅の拡がりをお楽しみ頂けます。何か良いことがあった時、ちょっと奮発したい、そんな時にぴったりの吟醸酒です。

内容量 / 金額 <白ラベル>
内容量:720mL / 1,144円(税込)
内容量:1800mL / 2,409円(税込)

<別撰>
内容量:720mL / 1,419円(税込)
内容量:1800mL / 2,970円(税込)
原材料 米・米麹
原料米 <白ラベル>
五百万石(新潟県)他
<別撰>
五百万石(新潟県)・山田錦(兵庫県三木市志染町産)・他
精米歩合 <白ラベル>58%<別撰>55%
アルコール度 <清酒>15度<別撰>16度
日本酒度 <清酒>+6<別撰>+7